夫の浮気の離婚率は?100人アンケートのするしない決断の理由とは?

こんにちは!さきママです。

今回は夫の浮気を気付いた時に多くの人が頭によぎるでだろう「離婚」について離婚率をご紹介していきます。

私も・・・夫の浮気を兆候を発見して、確実な証拠をつかめずに、探偵社に浮気調査を依頼して、見事浮気の証拠をゲット!!!した時がありましたが・・・離婚については非常に悩みました。結局、慰謝料を800万円ゲットして、幼い子ども達を1人で育てる別居生活を選択しちゃいました^^;

でも、非常に決断するまで苦悩しました。以降にその体験談をまとめてあるのですが・・・

浮気相手が慰謝料相場以上の800万円を支払った理由とは?【体験談より】

やはり浮気されたら「離婚するのか?」「離婚しないのか?」非常に悩みますよね~。

今回は夫の離婚に気付いた人の100人アンケートを取ってみました。

いったい夫の浮気を経験した人たちの離婚率はいくつなのでしょうか?

100人の経験者の方たちは、どのような理由で「離婚しない」「離婚する」を決断したのでしょうか?

迷ってるあなたの参考になればと思います。

私が夫に浮気をされて選択したのは離婚?体験談

アンケートをご紹介する前に、私が夫に浮気された時の体験談をご紹介します。

第2子を妊娠時に、夫の浮気の兆候に気付いた時、正直最初は「離婚」と言う考えはありませんでした。

手に職もなく、働いても年収が高くない私は、どう考えても、小さい子供2人を1人で育ててはいけないと思い、我慢しながら結婚生活を続けるんだろうなと思っていました。

しかし、兆候に気付いただけで、確たる証拠もなく、モヤモヤしたままでは嫌だったので、浮気の事実確認はしたい!!!と思い・・・思い切って、探偵社に浮気調査を依頼。

私が依頼したのは

 FUJIリサーチ

と言う探偵社ですが、もちろん、いろいろ自分でも調査はしたのですが・・・

浮気調査を安い費用に抑える方法や裏技!探偵利用の体験談から

見事「探偵社FUJIリサーチ」が不貞の不倫の証拠を取ってくれたおかげで・・・離婚は絶対にしないと言う気持ちが弱くなってきました。

浮気の実態を見ると、驚きとともに、怒り、呆れ・・・様々な感情が起こり、この夫は父親の資格はない、一緒には暮らせない!!!と思い。

弁護士に依頼して浮気相手から慰謝料800万円を見事ゲットして、子どもと私だけの生活をしています。

800万円の慰謝料なんて、嘘だと思うかもしれませんが、本当なんです^^;

浮気相手が慰謝料相場以上の800万円を支払った理由とは?【体験談より】

と言う訳で、夫に不倫されても離婚なんて簡単には決定できません。

正直、慰謝料がゲットできなかったら、子ども達だけでの生活を始めるのは難しかったと思います。

まだ子供はお腹の中にいたので、すぐには働けません。なので、簡単に離婚を決断することは難しいですね~。

多くの既婚者がそんないろいろな事情を抱えていると思います。

そんな私の体験談、参考にしてみてください。

また以降で、100人の夫の不倫を経験した方へのアンケートをまとめています。

 

100人アンケート実施!夫の浮気の離婚率は?

夫の浮気がわかって離婚について迷う人もいると思います。

みんな夫の浮気の後・・・離婚しているのかな?どのくらい離婚しているのでしょうか?

実際に浮気した人にアンケートを取った統計などはなかったので、アンケートを取ってみました。

今回は20代から50代の100名の夫に浮気された経験のある女性へのアンケート結果をまとめてみました!

アンケート1: 夫の浮気がわかった時、離婚を考えましたか?

1. 真剣に離婚について考えた

39人  39%

2. 少しだけ離婚が頭をよぎった

46人 46%

3. 全く離婚を考えなかった

15人 15%

 

アンケート2: 最終的に夫と離婚しましたか?

1. 離婚した

19人 19%

2. 別居した(現在は別居中or離婚せずに元に戻った)

13人 13%

3. 離婚も別居もしなかった

68人 68%

 

アンケート3:あなたが「アンケート2」で選択をした理由を教えてください。

1. 離婚した

・何度も泣いて謝ってきたが、妊娠中だったので許せなかった。

・一回目では無くて何回も浮気はあったが今回が我慢の限界だった。ケータイを見たら相手とのらぶらぶ写真や相手の子供と遊んでいる写真が見つかり本当に無理だった。

・浮気を機に彼への想いが冷めてしまった

・浮気相手と結婚の約束していて指輪の写真まで送っていたから。

・この人が働いたお金で子供を育てたくなかった。

・信用がなくなったから

・優しいのは良いことですが嘘つきは変わらないし、一生心配をしながら暮らすのは辛いし。喧嘩も増える一方で話し合いの結果、数年後に離婚しました。好きなのは変わらないけど誰にでも優しくされるのは嫌でした。仕事も一生懸命でしたが。

・時間がたつにつれ浮気の事が原因で喧嘩がふえた

・子供が生まれて1年もたたない間に浮気をされたので許せなかった。1度浮気したらまた同じことをすると思い一緒にはいられないとおもった。

・もともと夫婦関係が良くなかったので浮気で離婚を決心できた

・帰って来ない事もあり、相手の女性とも会って話し合いもして、離婚した方が幸せになれると思ったから。

・相手とも関係まで持っていたのでどうしても許せなかった。子供もちょうどまだいなかったのですんなり離婚という決断ができた。

・何度も浮気されて生活費も入れてくれなくなったから。

・浮気相手が私の友人だったので離婚しました。

 

2. 別居した(現在は別居中or離婚せずに元に戻った)

・別居したけど離婚はしなかった?専業主婦の為収入もなく、子供にも父親は必要と思ったから我慢した

・私自身は離婚を考えていましたが、夫が離婚の意思はなく、折り合いがつかなかったため、私が実家に帰りました。夫が迎えにきた際、両親に説得されて夫の元へ戻りましたが、夫からきちんと謝罪されたわけではないので、今でもわだかまりは残ったままです。

・自分の状況が苦しくて経済的不安があるから我慢した

・本当は離婚したかったのですが、子供が小さくて、これからお金がかかるようになることや、私一人の経済力では育てられないことなどから、別居ということにしました。

・元々、男の浮気に関してあまり広い心と言うか、あんまり関心がないのため
あと、結婚して間もなかったのでそんなすぐすぐに離婚は世間的にもどうかと思ったため

・離婚も考えたがまだ子供が小さく働いていなかったため経済的不安から離婚はしなかった

・子供が二人いるから、経済的な不安があったから離婚せずに我慢した。

・付き合っているときから相手の方がかなり束縛が強く、自分は異性の友達とメールすることすら制限されていて友達付き合いもままならなくなっていたので余計に腹が立ちました。

・子どももいるし、経済的な面から離婚するかどうか保留の状態。

・子ども事を考えて我慢した。離婚の手続きなどが面倒でやめた。

・精神的なダメージが大きく 体調を崩しましたが 子供の成長の為にこらえました。

・少し状況が違います。別居中にあちこちに結婚してくれとメールを送っていた事が発覚しました。

 

3. 離婚も別居もしなかった

・家を新築したばかりだったし、子供がまだ小さかったので経済的不安から我慢した

・頭にきたし、精神的にも苦しかったが、夫の事が大好きなので離婚や別居は全く考えなかった。

・初めての浮気だったし、子供がいるので我慢しました。

・男は浮気をするものだとはなから思っていたから考えないようにしました。

・これから子供が生まれてくる所だったので一人で育てる自信がなかった。帰る場所がなかったので別居はしなかった。子供が生まれれば変わると思った。

・裏切られて精神的にはとても辛かったが、これから産まれてくる子どもを一人で育てる自信がなかった。産休ではなく無職だったので経済的にも不安があった。夫の転勤先に住んでいたのですぐに実家にも帰れず、臨月と言うのもあり躊躇した。私達の場合心の浮気ではなく性的欲求を満たすための遊び浮気だった。そこで夫に離婚意思を聞くとないと答えたので一緒にいる道を選んだ。金輪際遊ばないと約束もした。ただし次はないとも約束した。

・お金がなく、子供を育てていけるか不安だったため、そして主人も反省し二度とこのようなことをしないと誓ったため。もう一度信じてみようとおもいました。
ただ、今でも思い出して苦しいです。本人がとても辛い思いをしていたから、少しくらいの現実逃避は許そうと思ったから。

・子供が小さかったので経済的不安が一番大きかった
夫が反省している様子だった親に心配をかけたくなかった”

・確実に浮気してたと思うし、好意もあったと確信していた。けど、認めなかったし、誤解を招く行動だったと謝られたので。
はじめての浮気だったので、誰でも一回は間違うこともあるよな…と思って許しました。結婚する前はわたしも浮気容認派だったということもあり、少し緩めにジャッジしてしまったかもしれません。次に同じことをしたら、きっと離婚すると思います!

・全然好きとはいう気持ちはないが、子供が精神的、経済的に不安定になることが嫌なので我慢した
子供が生まれたばかりで、経済的に不安だったからです。

・一人で生きていく自信はないし、やっぱり好きだったので離婚を考えませんでした。浮気相手とはすぐに別れたようでその後は特に怪しいことはなかったので忘れることにしましたが、繰り返すようなら考えるかもしれません。

・少し離婚も頭に入れましたが、子供二人を抱えているので踏み切ることが出来なかったです。夫も反省していることから許しました。

・子供がいて私自身不安定な稼ぎしかなく経済的な面で不安しかありませんでした。
そんな状況からすぐに離婚ということは考えられず、よぎるだけで終わりました。
離婚よりも生活の安定を選んだのだと思います。

・これまで何度となく 怪しい事もあった。でも、もう愛情も無いし、どうでもいい存在。 生活費だけ貰えたならそれでいい。 私に経済的があれば 間違い無く離婚する。

・まだ小さい子どものことを考えると、父親がいないのはやはりかわいそうだと思った、家族や親戚に心配をかけたくなかった、金銭的に一人では難しいと思った

・妊娠中で、考える余裕がなく出産したら子供が可愛いすぎてどうでもよくなったし、イクメンぶりを見たら許してしまった?

・いつかは浮気をするだろうと思っていましたし、経済的な事を考えると我慢したほうが良いと思ったので離婚はしませんでした。

・妊娠中でこの先の不安もあったのでまだ離婚はせずにいた専業主婦だったので金銭的な不安があったため離婚せずに我慢した。

・子供が二人いてちいさかったこと、経済的にも不安、夫が泣いてあやまったのでゆるした

・好きだったこともあり、一時的なものだと思ったから。案の定一時的で済んだので離婚も別居もしなかった。

・真剣な浮気ではなかった。証拠を見せても、否定し続けて浮気していないと言い張って、こちら頑張って根負けしたい。以降、浮気してない。

・夫の事が大好きだったから

・経済的に自立できるかが1番心配だったので我慢しましたが、今後離婚することになった時のために、貯蓄のほとんどを自分名義と子ども名義にうつしました。

・もう信じられなくなって、一瞬別れることも考えましたが、やっぱり好きな人なので離婚しませんでした。彼について深く探るのはやめようと思って、今はあまり深く考えず楽しく生活しています。

・許せなかったが体の関係はないと主張するし、離婚したくないと懇願したため、再度行ったら離婚すること、慰謝料ももらうことなど契約してか、ゆるした。

・許せなくて離婚しようと思ったけど、好きだったし何より結婚して1ヶ月もたってなかった新婚だったので、バツが付くのも嫌だった。

・旦那の浮気は遊びだと思っていたし、経済的な面と、やはり一番は子供のために離婚はしたくないと思った。
もうしないと約束したし、当時私は専業主婦でのんびりさせてもらっていたし、私の両親は他界しているので頼る場所もないからです。
経済的に不安が大きかったから

・子供もまだ小さかったし、離婚しても私1人じゃ子供を育てるのが大変だと思って、離婚は考えなかった。
浮気はしていても、パパとしてはいいパパだったので、我慢しました。

・些細な事と考えているから。離婚しても経済的に自立できなかったので

・子供のために一緒にいる事を選んだ。辛かったが、子供はパパが大好きで引き離すことができなかったし、一人で育てていく自身がなかった。

・少しだけ離婚がよぎった→私の相手をちゃんとしてくれているならまだ許せるけど私の相手をしないのに他にするのは捨てられたも同然と思いました。

・未だに許せないけど好きな気持ちは変わりないので別れてしまうと後悔すると思ったからです。

・子供が三人も居て離婚後の生活を考えたら経済面から出来なかったからです!子供にも離婚を反対されたこともあり離婚を考えましたが出来ませんでした。
反省しているように見えたし、子供がいたから我慢した。

・発見が早かった上、相手が本気じゃなく営業紛い(お店の子)だったから我慢した
これから子供も育てていかなければならないので、とにかく我慢しようと思いました。
2人目が産まれたばかりだったし新築も建ててまだ1年だったから、、

・バレたら完全に相手と縁をきったので。
未練もなさそうで本当の遊び相手だったのかな?と。
何より自分が主人を好きなので、子どもも欲しかったので、我慢しました。”
これから産まれてくる子供の為に、もう二度としないという条件付きで離婚しなかった。私が旦那を好きなうちは許そうと思えた。

・私は元々、他人にそこまでの関心は無く、浮気に気付いてもショックがありませんでした。

・最終的に旦那が何故か浮気を自供し謝ってきたのですが、結局旦那は私の所に戻って来ましたし、浮気中も今も仕事には真面目で、お金の面で問題になった事は無かった為、離婚は全く考えませんでした。

・許せない気持ちと、今も思い出すたびに怒りが込み上げてきますが、まだ小さい子供がいるので、冷静に今後の事など考え、二度目はないと言い聞かせてグッと堪えて過ごしています。
しかし今後二度目が発覚すれば、次はきちんと証拠を押さえてから慰謝料請求して離婚します。

・離婚も考えたが、めちゃくちゃにこっぴどく叱って反省させたらスッキリしたから。

・もう子どももいたし、経済的な不安もあるので離婚は考えませんでした。

・離婚も別居もしなかった→本人も全て認めたし許すことに決めた。私から離婚すると言えるほど嫌いにならなかった。

・本人はしたくないといった。なによりも子どもがいるため子どものことを考えてやめた。不倫相手とはその場で別れた。

・浮気をしてるのが分かったがお互いに納得いくまで話し合った結果が離婚しなかった今だから。

・浮気に腹が立ったのではなく、私のせいにしたことで、もう一緒にいたくないと思ったし、一緒にいられないと思った。
しかし、子供がまだ小さいので、子供が自立するまでは両親が必要だと思い、離婚は諦めた。

・発覚後に妊娠していたのが分かり話し合いの末子どもの為に離婚しない事にしたが、次発覚したら離婚しようと思います。

・ストレスはあったがパート主婦で体も弱くあまり働けなかったため経済的不安から我慢しました。
心の中ではまだ許せてないです。

・話し合いをした結果、きちんとケジメをつけてくれることになったので許すことにしました。
子どもが一人いて、二人目の妊娠中だったので、経済的に不安で、離婚したところで養っていけないと思ってからです。あと、やっぱり親に心配かけたくなくて、離婚したい。なんて相談も出来なかったです。

・自分も浮気していたのでお互い様って思ったので。
遊んでしまう気持ちがわかるというか。

・夫の浮気に気付いた頃、子供が生まれて半年程でした。離婚はもちろん考えましたが、子供のことを思って思いとどまりました。
夫の携帯を盗み見した時に、お互い遊びの付き合いっぽかったので、そのうち飽きるだろうと思って黙ってみていたら、それからしばらくして、付き合いが終わったようです。

・子供も小さかったし、なにより好きだったのと浮気相手が学生で本気ではないとわかった為に離婚しませんでした。

・子供が居た事、改心してくれる事を願い我慢しました。
義理の父母を味方に付けましたので心強かったです。

・家にお金をいれてくれるのはたすかったからです。
離婚を切り出す様子もないし火遊びという事で今は許している。

・行為にまで至っていなかったのと、相手の女性からも謝られたから。
子供に可哀想な思いをさせてしまうと思ったので離婚はしませんでした。
離れて暮らしているとよくあることだから

・子供がいるので経済的に不安があり、子供たちも夫を必要としたから我慢した。
夫は優しくて一緒にいて楽なので、別居や離婚を考えられなかったです。

街角相談所 -探偵-

夫が浮気した時の離婚に対する選択の傾向とは?

最後のアンケート内容はかなり赤裸々に答えていただきました。

それだけに、非常に参考になったと思います。

そして、やっぱり不倫って浮気って人を苦しめるから、本当にいけないことだな~と実感する内容でした。

ちなみに、夫の浮気に気付いてから「全く離婚を考えなかった」人は15パーセントだけでした。

やはり夫に浮気されたほとんどの人が離婚を考えてしまいます。

しかし実際に離婚したのは100人中19名です。

もちろん別居中の人もいると思いますが、実際に離婚に踏み切る人は20パーセントに満たない結果となっていました。

離婚しなかった理由とは?

そして離婚しなかった理由で多い順にあげていくと

・経済的理由

・子供がいるから

・好きだから

・世間体、親に心配がかけられない

 

と言う感じだと思います。

辛いですね・・・。でも確かに、簡単ではありません。

ちなみに個人的には経済的に不安がある人はいきなり離婚よりも別居をおすすめします。

妊娠中の夫の浮気は離婚より別居がいい!理由とその後の体験談とは?

特に子供がいる場合

・父親がいなくなると子供がかわいそう

・子供を育てていくのがシングルだと厳しい

と2つの理由がかぶってきます。

しかし、アンケートの中でも「(離婚してないけど)いまだに許せない」「(離婚してないけど)未だに辛い」という悲痛な声も。

また「経済的に自立できていたら離婚してた」という声もあります。

やはりお金の問題はすごく大きいと思います。

また「結婚」の重みを感じる「世間体」「親に話せない」と言うのもわかります。

私も親に話すまでにすごく時間がかかりました。

自分だけでなくて、親に悲しい思いをさせたくないし心配かけたくない。なので両親には黙ったまま誰にも相談できず辛い思いをし続けている人も多いと思います。

 

離婚した理由とは?

一方で離婚した理由を見ていくと、やはり信頼できなくなったというのが一番多いと思います。

「浮気した人は絶対またする」って言いますが私もそう思います(^_^;)

もちろん100%ではないと思いますが、多くはこのパターンに当てはまると思います。

帰りが遅いと疑ったり、何か言われても「嘘では??」と信用できなくなったら夫婦生活を続けるのは困難ですよね。

なので、ある意味割り切って「別に(夫が)浮気してもいいやーー」「お金のために浮気我慢しよう」くらいでないと、結婚生活を続けるのは精神的に厳しいものになってしまうと思います。

また「子供がいるのに浮気した」と言う「離婚しなかった理由とは?」のアンケートの答えと同じ理由で逆に許せずに離婚を決意した人も。

許せないけれど「経済的に1人でやっていくのは大丈夫か??」というのが離婚するのか、しないのかのボーダーなのかもしれません。

夫の浮気で悩んでいる人必見!浮気調査の1日の料金0円キャンペーン探偵社

夫の浮気の兆候に気付いてモヤモヤしている人。スマホを調べたりいろいろやってみたものの、確たる証拠はゲットできず、本当に浮気してるの?相手は誰?

夫の浮気について気になって、寝れない日々を過ごしている方も多いと思います。

そんな人、私が実際に浮気調査を依頼して、浮気の証拠をゲットしてくれた探偵社「FUJI」リサーチが現在、調査依頼の契約をすると1日調査0円キャンペーンを実施しています。

1日0円なんて・・・怪しすぎる!?と思った人、大丈夫です。

実際、私も不安の中、無料相談に行き、お話を聞いたのですが、無理な勧誘もない探偵社でした。

契約内容も詳細で、信頼できる内容でした。ちなみに、以下が私が当時契約した「FUJIリサーチ」との契約書です。

ちなみに・・・私が依頼したのは、数年前のことなので、1日調査0円キャンペーンなどなく(>_<)正直今やるなんて、ズルくない・・・と言う心境です。

ただ、困っている人、夫の浮気の証拠をつかみたいと思っている人は、この機会を逃すともったいない気がします。

ちなみに、ごめんなさい!!この1日調査0円キャンペーンは女性限定で、男性は対象外です。

浮気された時いろいろ考えると思いますが、前に進むためにも、浮気の確実な証拠が必要です。

だって「浮気したよね?」って言っても多くの人が「してないよ」と言い、証拠がなければ認めません。

メールなどの証拠があったとしても、慰謝料請求や離婚や別居を考えるとき、有効な証拠としては採用されません。

なので、確実な証拠をゲットするためには、探偵社の調査がおすすめです。

しかし、お金が高いよね・・・と思った人、必見です!

自分である程度調べることも可能ですが・・・最終的には探偵社へ依頼することも検討しなくてはいけなくなります。

浮気の証拠集め開始!探偵調査の前準備【体験談7】

以下で信頼できる探偵社や、おすすめの探偵社、その探し方などについてまとめてあります!

信頼できる浮気調査の探偵社の条件や見抜き方とは?無料相談が勝負!

 

 

まとめ

夫に浮気した人の離婚率についてのまとめいかがだったでしょうか?

離婚するかしないかの大きなポイントはやはり「経済的理由」のようです。

離婚された上に、経済的に切迫されるなんて、厳しいですよね~(>_<)

私は現在離婚を見据えた別居中ですが、何が正解なんて、すぐにはわからないんですよね~。

妊娠中の夫の浮気は離婚より別居がいい!理由とその後の体験談とは?

ただ、私は今、とても幸せなので、その選択をした後は幸せになるために精一杯頑張るしかないのかな?と思います。

夫の浮気を経験した人たちの言葉を是非皆さんの選択に生かしていただけたらと思います。

 

夫の浮気や離婚問題で7人の弁護士に相談した体験談

離婚や別居をする場合、慰謝料や養育費、生活費などはどうなるのでしょうか??

こんな経験ある人なんていないので、一体これからどうしたら良いんだろう!?と不安になっている人も多いと思います。

そんな時、迷わずに弁護士さんに相談してみることをおすすめします。

と言うのも、例えば慰謝料請求に関しては個人的に弁護士さんがバックについていることが私の経験から、成功の大きなカギだと思っています。

浮気相手が慰謝料相場以上の800万円を支払った理由とは?【体験談より】

おそらく弁護士さんに依頼していなかったら、慰謝料800万円を請求することもなかったと思いますし、請求した800万円が振り込まれることもなかったと思います。

弁護士さんによっては、無料で相談できることが多いです。

と言うか、有料でも相談していろいろ意見を聞く価値があると思います。

と言うのも、私は夫の浮気に気付き → 探偵に浮気調査を依頼→慰謝料請求 → 夫と別居生活費の調停

これらの過程を経て、7人の弁護士と会っていろいろ話を聞いて、慰謝料請求で1人、夫の別居生活費の調停で1人と2人の弁護士さんと契約をして依頼をしました。

契約をしなかった弁護士さんの中には、情報番組のコメンテーターをやっている実力のある有名な弁護士さんもました。

しかし、結局契約した2人に決めたのは、自分の考え方と合うか合わないかです。

弁護士さん7人に会って感じたのは、同じ事柄でも、解決方法や考え方が人によって違うと言うことです。

それは、どの人が正しいとか間違っているとかではありません。

なので自分の考えに合っている弁護士さんに相談して、解決方法や不明点、今後のことを相談して欲しいと思っています。

そこでおすすめなのが、以下の「離婚サポート」です。

無料で相談する弁護士さんなど専門家を数名紹介してくれます。

個人的には何人かの意見を聞くべきだと思っているので、数人紹介してもらえて、相談できる環境は理想的です。

弁護士さんによって、いろいろな得意分野があり、離婚、不倫問題などに強い弁護士さんを教えてもらうことが解決の近道になります。

私は弁護士さんを探すために、友人のつてをたどったり、インターネット検索で毎日毎日睡眠を削って調べて探して(>_<)時間もかかり大変でした。

そんな苦労や時間を費やずに、離婚や慰謝料請求に強い弁護士さんを探してくれるシステムを是非活用してみてください。

もちろん、相談だけでも可能ですので、紹介された弁護士さんが合わないと思ったら依頼しなくても大丈夫です。話だけ聞いて、知識を入れて勉強するだけでも良いと思います。

この記事を書いた人

さきママ

さきママ

はじめまして!2人の子供を持つさきママです!
今はとても幸せな毎日を送っていますが、数年前に妊娠中に夫に浮気された時は地獄の日々を過ごしました。
浮気調査を探偵に依頼して、弁護士に会ったりと初めての経験で失敗を繰り返しどん底の日々でした。
自分と同じように悩んでいる人にこの時経験したり勉強して得た知識や情報を発信していけたらと思いました。