浮気相手が慰謝料相場以上の800万円を支払った理由とは?【体験談より】


こんばんは!さきママです。

夫の浮気が発覚して、浮気相手の影がちらつき・・・夫と同じくらい不倫相手のことが許せなくなることがあると思います。

もちろん一番悪いのは、夫だと思いますが、私は妊娠していて、幼い子供がいただけに、本当に許せませんでした。

浮気相手は私が妊娠していたことも知っていたし、幼い子供がいることも知っていました(>_<)

他にもいろいろ理由がありますが、私は夫との別居を決意して、浮気相手の女性に慰謝料請求しました!

そして・・・なんと800万円の慰謝料が振り込まれることになりました。でもどうしてこんな高額の、相場以上の金額を支払ったのでしょうか?それには理由があったんです。

今回は私の体験談から、浮気相手の女性が相場以上の高額慰謝料を支払った理由をご紹介していきます。

そもそも浮気の慰謝料の相場とは?

そもそも浮気に慰謝料の相場っていくらなのでしょうか?

厳密には決まっていませんが、過去の例として言われているのが

50万円~300万円です。

どうして幅があるのかと言うと、不倫・浮気の状況や、条件によって金額が異なるんです。

ここではいくつか例を挙げます。

浮気によって夫婦が別居or離婚することになった

発覚した浮気によって、夫婦関係が壊れてしまったことは、増額の大きな要因になります。

浮気が発覚しても、浮気相手に慰謝料を請求して夫婦関係をやり直すこともあるかと思いますが、離婚、別居の方が慰謝料が高くなる可能性があると言うことになります。

 

夫婦の婚姻期間

夫婦の結婚してからの期間が短いと、慰謝料が減額される恐れがあります。例えば1~2年くらいだと短い期間になってしまい、低くなる可能性があります。

 

夫婦に子供がいる場合

夫婦に子供がいる場合は、いない人場合よりも慰謝料が高くなる要因になります。

また妻が妊娠中に夫が不倫した場合は、それ以上に妻の精神的苦痛を考え高額になる可能性があります。

 

浮気相手との間に子供がいた場合

考えただけで、ゾッとしますが・・・不倫相手との間に子供がいた場合は、慰謝料が高くなる傾向にあります。

 

浮気の頻度

付き合っている期間、また浮気の頻度なども慰謝料の増額、減悪の要因になります。

例えば、5年の付き合いと1年の付き合いでは確かに重さは違いますよね。

また1日限りの関係ということもあるかもしれません。これも不倫は不倫ですが、慰謝料をとるのは難しいでしょう。

また月に1回会う関係よりも、週に何回も会う関係の方が慰謝料が多い可能性があります。

浮気相手の支払い能力

これは、一番重要な要素かもしれません。

無い袖は振れないという感じです。

裁判になった場合、裁判所もあまりにも年収の低い浮気相手に高額慰謝料を請求しません。

相手が支払える範囲で、請求します。

「借金してでも払え!!!」ではありません(^_^;)まあ、そうですよね。

 

ここまでいろいろな要素を見てきましたが、個人的に一番のポイントは「浮気相手の支払い能力」だと思います。

これは、男女に限ったことではないですが、浮気相手が若い女性の場合、アルバイトだったり、派遣だったり、正社員でも年収が低い場合は、高い慰謝料を請求することは難しいかもしれません。

 

慰謝料800万円を請求!その理由とは?【体験談】

慰謝料800万円と聞いてびっくりしたと思います。

請求するのもびっくりだし、払ったってことは、そんなに持っていたの!?そんなに金持ちの女!?と。

実は違うんです。

金持ちの女というのは、合っているのかもしれませんが・・・

800万円というのは400万円+400万円。

??

そう、2人に請求したんです。

恥ずかしながら・・・なんと夫の不倫相手は2人だったんです。

確固たる証拠を(すごーーーく)苦労して手に入れ・・・私は2人に400万円ずつの慰謝料を請求しました。

弁護士さんに依頼して、金額の弁護士さんの提案でした。

私の場合・・・上記の条件にあてはめると

①子供がいて妊娠中の浮気発覚による精神的苦痛は計り知れない

②浮気が原因で夫と別居

③1年近く付き合っていて週に数回会っていた(不貞の証拠の写真あり)

④電話、メールはほぼ毎日やり取り

逆に言うと、お前、どんだけ暇なんだよーーって感じですよね(笑)

仕事が忙しいと嘘をつかれていたのですが、なんと女性2人の相手で忙しく、子供の面倒も見れなかったんだな~と実感する事実でした(^_^;)

ちなみに浮気相手は2人とも夫の会社の同僚です。

浮気相手A子 30代半ば 正社員

浮気相手B子 30代前半 正社員

このことを踏まえ弁護士さんは「とりあえず400万円請求して相手の出方によって裁判で争いましょう」と言うことでした。

そして弁護士さんに400万円を請求する内容証明を2人の自宅宛てに出してもらったのでした。

 

相場以上の慰謝料を浮気相手が支払った理由とは?

ちなみに、当時・・・私は別居中の夫の携帯メールを私の携帯から見れるように、とある設定をしていました。

数年前のことですので、今ほどシステムや仕組みは厳しくありませんでした。

なので、できたことですが、恐らく今現在はそのような設定は不可能なのかな??と思います。

そのこともあり、私が内容証明を送った後の浮気相手の反応がわかりました。

2人とも、もちろんびっくりして・・・弁護士に相談したようです。

その結果・・・なんとすぐに2人は400万円ずつ振り込んできました。

ちなみにこの時点では2人はまさか自分が二股浮気をされているとは知りませんでした。

まさか自分と同額の金額を他の浮気相手が払っているとは思っていなかったと思います。

もしこの事実を知っていたら・・・きっと2人は慰謝料を支払わなかったかもしれません。

そう考えると、夫って本当にクズですね~。我ながら自分の見る目の無さを恥じます^^;

そしてどうして2人が慰謝料400万円を支払ったのか、なんとなくメールのやりとりでわかりました。

その理由が以下です。

<慰謝料をすぐに振り込んだ理由>

①依頼した弁護士事務所が慰謝料請求に強い大手事務所だったから

②会社や家族に絶対にバレたくなかったから

③400万円と言う金額を見て確固たる証拠があると確信したから

この2つです。

ちなみに、内容証明には「お前たちの不貞の証拠はバッチリ持っている!!!」みたいなことは書いていません。

文面は「貴殿は、〇〇氏と、同人が既婚者であることを知りながら、継続的に不貞行為を行っており、この行為は、通知人に対する不法行為に該当します。」だけ

以降にずらずらと続きますが、私達が証拠を持っているかどうかは2人は知りませんでした。

まず、2人とも弁護士さんに相談したようなので、おそらく慰謝料請求に強い大手弁護士事務所であることはわかったと思うので、それも大きな決め手になったと思います。

また400万円という強気の金額から確固たる証拠があると思ったようです。

と言うか、弁護士から内容証明が来ただけでなかなかビビりますよね~。

離婚や不倫浮気問題や慰謝料問題に強い弁護士さんがバックについているのは、かなり重要な成功要因だと実感しました。

そして慰謝料を払った理由として一番大きな要因は②だったようです。当然ですが、2人は家族に知られることを恐れていました。

裁判になったら、家族に知られてしまう危険性があります。

そして彼女たちが家族よりも知られたくなかったのは、会社だったようです。

会社に知られて仕事を失くことを恐れていました。

これが、もし派遣社員だったりアルバイトだったら違っていたかもしれませんね。もちろん支払能力もなかったと思います。

年収もそれほど低くなく、また30代という微妙な年齢の女性が転職するのはリスクです。

もちろん転職しないまでも、会社にバレてしまって、居づらくなることは避けたいですよね。

この絶妙な条件が重なり・・・彼女たちは高額慰謝料を内容証明を送ってからすぐに支払ってきました。

このように、慰謝料を支払うのには、支払う女性の立場は立場や状況によって左右されるのだと、勉強になりました。

私のこの経験が参考になれば幸いです。

慰謝料請求するには証拠が必要だけど・・・

私の場合はとても運が良かったのですが、やはり慰謝料請求する時には、調停や示談、裁判などになることもあるので、確実な浮気の証拠が必要になってきます。

浮気の証拠集め開始!探偵調査の前準備【体験談7】

そして、やはり確実な浮気の証拠は探偵社に依頼して撮影する写真になると思います。

浮気相手への慰謝料請求の相場や方法は?必要な証拠まとめ

お金がかかるので、なかなか誰でもと言う訳にはいかないのですが。

でもできるだけ安く、また信頼できる探偵社を探したい!という方には以下で個人的に利用した探偵社や、他にも探偵社の探し方などを紹介していますので、是非合わせてご覧ください。

信頼できる浮気調査の探偵社の条件や見抜き方とは?無料相談が勝負!

この記事を書いた人

さきママ

さきママ

はじめまして!2人の子供を持つさきママです!
今はとても幸せな毎日を送っていますが、数年前に妊娠中に夫に浮気された時は地獄の日々を過ごしました。
浮気調査を探偵に依頼して、弁護士に会ったりと初めての経験で失敗を繰り返しどん底の日々でした。
自分と同じように悩んでいる人にこの時経験したり勉強して得た知識や情報を発信していけたらと思いました。